momono香り

アクセスカウンタ

zoom RSS ウェルカム!Berryz宮殿 初日座間公演に行ってきました。(その2)

<<   作成日時 : 2007/08/16 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 Berryz工房コンサートツアー2007夏〜ウェルカム!Berryz宮殿〜、
初日ハーモニーホール座間公演に行ってきました。
 レポートが長くなったので、分割です。その1に続き、
ここからは中盤戦以降について書きたいと思います。


「スプリンター」
 MCの間に衣装替えを済ませた佐紀ちゃんと雅ちゃんによる
この曲で中盤戦スタート。かわいらしい曲調と題名がアンマッチで
不思議な曲。二人の衣装も可愛いです(もちろん本人達もですよ)。
振り付けもどちらかというと仲良しの女の子二人の曲のよう。
題名も「ラブリーYOU」位の方が合ってるんじゃなんて思ってしまいました。
ただ、詩の内容を見ると一人の女の子が、総体で別の学校の男の子に
一目ぼれする設定で。そこには二人目の女の子の存在は見えてきません。
個人的には、この後で、雅ちゃんのソロで「夏REMEMBER」をやるんだったら、思い切って、
この曲を一人で歌わせたら良かったんじゃないかと思いますがどんなもんでしょう。
もちろん佐紀ちゃんには今回は別のソロ曲を用意してあげてですが。

「私がすることない程 全部してくれる彼」
 フルーティーズ来ました!この曲はまさにつんくの曲という感じですね。字余り、字足らずの歌詞と
独特の曲調が、モーニング娘。の初期のアルバムに入っていてもよさそうな感じです。
今ではハロプロの曲を彼が全部作っているとは思いませんが、この曲は間違いないんじゃないかな?
この二人の組み合わせは僕は大好きです。梨沙子の可愛さと、桃子の個性が合わさって
とってもバランスがいいです。特に今回は桃子(いつもでしょうが!)、ちょっと痩せて顔つきが
以前のようにシャープになってきました。続桜満開で「今度会うときは、も〜っと可愛くなって、
皆を「おっ!」と言わせちゃいます。」といっていた公約を果たしてくれました。(と勝手に思っています。)
おかげで「おっ!」どころの騒ぎではありません。やばいです。僕は勝手に撃沈させていただきます。さようなら!

「笑っちゃおうよBOYFRIEND」
 さて、(撃沈はどうなったんだよ!) この曲も桜満開以来です。このあたりの曲になると、振りは
いきなりでも大丈夫。やっている間に思い出せますよ。

「ジリリキテル」
 この曲は中盤に持って来ました。これも大好きな曲ですが、今回はショートバージョンです。
ちょっともったいないなあ。これなんかも前奏はショパンですよね。Berryz宮殿にはちょうどいい曲なのに!

「夏わかめ」
 夏公演には欠かせない曲。この適当なネーミングがまた結構いいですね。この曲も久しぶりですが、
見ながらだとすぐに振りが戻ってきます。「♪物心ついたころ〜」の桃子のパートがお気に入りです。

MC〜佐紀、桃子、梨沙子
 Berryz宮殿「山びこの間」の設定です。
「この部屋の山びこさんは賢いんです。簡単な問いかけなら返事してくれるの」と佐紀ちゃん。
「突然ですが、山びこさんと遊ぼう!のコーナーです」と、本当に突然ですね。
「やってみたい!やってみたい!」と、いち早く手を上げたのは梨沙子。

もじもじしながらも、大きな声で「私ってかわいい〜?」
なんだ、こんな簡単な質問!山びこさんには何でもありません。せ〜のでお返事(?)です。
「かわいい〜!」の大合唱に「やったー!」と喜ぶ梨沙子。確かに可愛いです。

画像 これを見た桃子。「私もやりた〜い!」とのってきます。彼女の質問は…
なんと「私のほうがかわいい?」です! いやあ桃子さん!
さすがにこれはいけません!危険過ぎます。
可愛さで梨沙子に勝負を仕掛けるとは!!!桃子ピ〜ンチ!

しかし、この捨て身と言えなくもない試みには、実は深い戦略と
勝算があったことを、このときの僕は知る由もありませんでした。

初日昼公演ではとりあえず手探りの観客、じゃないや、山びこさんたち、
桃子の問いかけに十分な大きさの「かわいい!」が返ってきました。
佐紀ちゃんの判定はとりあえず引き分け!さすがキャプテン。
ここは無難にまとめました。
この世紀の対戦。夜公演でも接戦となり、うまい具合に引き分けが続きます。さすがベリファン、じゃない、
山びこさん!バランスよくコントロールしているなと思ったのも束の間。先走って翌日公演を話すと、
ちょっと違う様相を呈してきました。
昼公演でたまたま桃子声援が大きかったため、梨沙子がちょっとすねたような表情を見せたのが
いけませんでした。僕が思うに、これが梨沙子ファン(及び、他のベリファンもですが)のS心(笑)に
火をつけたのか、なんとなくわざと桃子への声援を大きくし、梨沙子がすねたり、いじけたりする、
それはそれで激可愛いしぐさを求め始めたんではないかという疑いを僕は抱いています。
この方向、もしかすると、この先更にエスカレートしていく可能性が十分にあると踏んでいるのですが、
どうでしょう?そして、桃子が僕らのこんな悲しい性(?)を見切っていたとしたら!
恐るべし!桃子姫!

 まあ、冗談はさておき、先に進みましょう。これ以外の質問は次のようなものでした。
「桃の指でいつも立っているのは? せ〜の!」
「Berryz工房で一番背が高いのは? せ〜の!」
「私、清水佐紀の誕生日は?、11月何日? せ〜の!」
「参議院の定数は? せ〜の!」

こんなところでしょうか? 佐紀ちゃんの誕生日が言えない山びこさん達。ちゃんと言ってあげなくちゃあ!
参議院の定数の質問をぶつけてきたのは梨沙子!自信無げにもごもごする山びこさん。
桃子からは「山びこさんたち適当すぎ〜!」の厳しいつっこみ。面目ございません。

最後は桃子、「ハイハーイ、桃が考えたとっておきのしつも〜ん!皆で一つになりたいから〜、
いくよ〜!私達はベリーズ工、その次は? せーの!」 「ぼー」でめでたく終了!

さて、コンサートに戻ります。

「思いたったら吉でっせ!」
 千奈美、茉麻、友理奈によるコメディタッチの曲です。曲に合わせて振り付けも楽しいものになっていて、
かなり盛り上がります。コミカルな曲ってどちらかというと小柄な人達が歌うイメージがあるのですが、
今回は背が高い3人が揃ったので、ダイナミックな振り付けの曲になりました。この三人だと
ステージ映えしますねえ!

「夏REMEMBER」
 続いては雅ちゃんソロでのこの曲。今回は彼女のみ途中のMC(寸劇?)に出て来ず、
ソロ曲のほうに注力した感じです。ただ、個人的には、以前やはりソロで歌った、あややの曲のように、
もっと元気な曲のほうが彼女の魅力が発揮できて良かったのにと思ってしまいました。

「愛のスキスキ指数 上昇中」
 この曲も4thアルバムから。これも聞くたびに好きになるいい曲ですね。特に、「♪スキスキ〜」の
桃子のフレーズがかわいらしくて気に入っています。それに、曲がゆったりしている分、振り付
けも
覚えやすくて、初日から楽しめました。その分、後で物足りなくなってきたりするのかなあ?

「蝉」
 この曲も夏の定番ですね。激しいダンスが多い中、こういった曲を織り交ぜることで、メリハリを
付けると同時に、メンバーの体力を回復させる意味もあるのでしょう。でも、いつまでもファーストの曲に
頼っているわけにもいきませんよね、ぜひ新曲を増やしてもらいたいものです。

「21時までのシンデレラ」
 桜満開では外れたこの曲が復帰です。曲のイントロ部分でメンバーがジャンプする振り付け、
観客も一緒にジャンプするところが好きです。綺麗に揃うとカッコいいですよね。
それから、間奏部分で、友理奈にくるくる回される役は今回は桃子でした。個人的には地味に
見処にしています。

「VERY BEAUTY」
 曲は好きなのですが、シングル曲としては、コンサートではちょっとおとなしすぎるかなあ。
振り付けも少な目な分、変なところまで細かく覚えてしまったり…。

「恋の呪縛」
 この曲が一番大好き。メロディーもいいし、振り付けも格好いいし、掛け声などの応援も綺麗に揃って、
盛り上がりますしね。この曲のPVの桃子にやられたのが決定打になって、今に至っているとも言えます。
この曲もまた、さびの「♪恋のじゅ〜ば〜く〜」のところで皆しゃがみ込むお約束の部分が揃うといいですね。

「友情 純情 oh 青春」
 今回はこのあたりで使ってきました。やっぱり盛り上がりは最高です。特に今回のタオルの数ったら!
凄かったです。頭に振ってきましたから(笑)。あれ投げている人みんなちゃんと回収できているのかな?

「なんちゅう恋をやってるぅYOU KNOW?」
 この曲もショートバージョンでしたね。振りで、くるりと回転するところがありますが、僕はうまくできません。
恥ずかしいのと、足元がおぼつかなくて(笑)危なさそうなのと両方で、いつもやっていないんです。
上手に回っている皆さんを見るにつけ、羨ましいなあと思いますが、何分歳を取ってくると目が回ってしまって!
去年の「夏夏」仙台公演で周りが空いていたので試してみたのですが、回れるには回れたものの、
やはりぎこちない感じ、まだまだ実用化(?)には程遠い段階です。(周りに迷惑をかけちゃいけませんし…)
また、ベリのコンサートって、どこでも混んでいるので、練習もできないですしね。
一度格好よく回ってみたいなあ!でも、状況を選ばないと周りは引いちゃうだろうなあ。

「ハピネス 〜幸福歓迎!〜」
 オーラスはこの曲でした。「友情純情」や「スペジェネ」でのハードなラストもいいですが、たまには、
こういうハッピーな曲もいいかな…、なんて思ったのが大間違い!いやはや結構ハードじゃないですか!
曲調に騙されてはいけません! フルに踊るとノンストップ! 侮れません。既に「呪縛」「友情純情」
「なんちゅう」のメドレーでがくがくとなっっている僕の足腰が悲鳴を上げ始めます。
でも、ステージ上の彼女達の方がずっと大変なんだから弱音などはいてはいられません!
ラストではしっかり「見栄」も張って、やり遂げ(?)ました!やったぁ、でも疲れたぁ!


アンコール
 アンコールは皆疲れ切ったのか?掛け声がなかなか起こりません、徐々に声が上がってくる感じ。
初日は特に気合が違うので、皆疲れきっちゃうんでしょうね。

ひとしきりアンコールが続いたころ、「チャッ、チャッ」っという変な音が…。と思うや否や「スペジェネの伴奏が!
(シンバル(?)かなにかの音なんですね)放心状態で、いきなり乗り遅れた私。団扇を置いて
慌てて戦線(?)復帰です。


「スッぺシャル ジェネレ〜ション」
 疲れていて、アンコール曲のことなど全く念頭になかった私、そういえばこの曲がまだだったことにも
気づいていませんでした。とはいえ、この曲なら大丈夫と思ったものの、これまたショートバージョンで
いつもと違うスタート。別に新しい振りが追加されているわけではないのですが、ちょっと目先が変わるだけで
やや戸惑い気味の私。まだまだ修行が足りないようです。

「青春大通り」
 ラストの曲はこの曲でした。確かにラスト向きの曲で、バリエーションがひとつ増えましたね。
このあたりも同じ曲の使い回しでは寂しいからねえ。よかったです。
前半は振り付けは全くせず、右に左に真ん中にと、全員で手を振りながら観客に挨拶です。
初日夜はかなり前のほうだったので、この挨拶はうれしかったです。
それから、この曲の時だったか、普段は前列のほうをあまり見ず、客席全体を見渡す感じで見ている桃子が、
突如振り向きざまに僕のほうに(勝手にそう思っているんだからいいでしょ!)人差し指を突きつけて
来た時には、心臓が止まりそうになりました。一桁前半列でそんなことをされた日にはもう!
桃子Tシャツが利いたのかなあ、また着て行こおっと!(なんてね)

                                                         (終)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウェルカム!Berryz宮殿 初日座間公演に行ってきました。(その2) momono香り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる